家庭教師

【合格率UP】家庭教師が効果的なケース5選【中学受験/週一だけでOK】

中学受験 家庭教師 効果
ママぱんだ
ママぱんだ
家庭教師は、中学受験生にとって効果あるのかしら?塾や通信教育と迷ってるんだけど…
ぱんだ校長
ぱんだ校長
もし、お子さんが「5つのケース」に当てはまるなら、今すぐ家庭教師をスタートすべきじゃ

もうすぐ中学受験をひかえた小学生をお持ちのママにとって、「子どもにピッタリの勉強法がどれか?」が気になりますよね。

王道の勉強法である家庭教師は、子どもの状況によって効果が大きく異なります。

そこで、実際の中学受験生の体験談を交えつつ、絶対に家庭教師を活用すべき小学生の「5つのケース」をご紹介します。

中学受験で失敗したくない…というママ/パパは、じっくりご覧ください。

\ 10秒で分かる!かてきょ診断 /
無料診断はコチラ

家庭教師が効果的なケース5選【中学受験/週一だけでOK】

家庭教師が効果的なケース5選【中学受験/週一だけでOK】

もし、お子さんが次の5つに当てはまっているなら、今すぐ家庭教師の資料請求をしましょう。

家庭教師が超!効果的なケース
  1. 不登校の子
  2. 勉強嫌いな子
  3. 志望校が決まっている子
  4. 塾で質問できない人見知りな子
  5. 中学受験に向けて1秒もムダにしたくない子

体験談とともに解説します。

①不登校の子

ぱんだ校長
ぱんだ校長
不登校/引きこもりの小学生にとって「0からやり直すチャンス」をくれるのが家庭教師じゃ

家庭教師は、不登校のお子さんにとっては救世主と言っても過言ではありません。

友達や学校の先生の視線を気にせず、パパ/ママのサポートを受けながら「自分のペースで学校の遅れを取り戻す」のに最適なのが家庭教師と言えます。

もちろん、スタディサプリなどの通信教育の方が、費用は抑えられますが、勉強習慣がない子にはキツイですよね。

不登校/引きこもりの小学生が、家庭教師のおかげで成績UP・中学受験に合格した例はたくさんあります。

「中学生になるタイミングで、楽しく学校に行き始めてほしい!」と願うママ/パパにとっては、家庭教師を活用する価値はあると言えそうです。

②勉強嫌いな子

ぱんだ校長
ぱんだ校長
「勉強の習慣を身に付けてほしい」というママに朗報じゃ

家庭教師は「勉強のルーティン化」に効果的なのをご存知でしょうか?

今まで自学習をするクセがなかったお子さんに勉強習慣を身に付けさせるには、お子さんに「勉強せざるを得ない状況」を作ることが大切です。

家庭教師を活用することで、1週間ごとに勉強タイムがバッチリ決まります。

勉強が習慣化
  • 月曜18:00〜19:00 家庭教師
  • 水曜17:00〜18:00 宿題
  • 木曜18:00〜19:00 家庭教師
  • 金曜17:00〜18:00 宿題

「勉強しなさい!」と言葉で伝えるよりも、家庭教師を活用する方が、勉強嫌いな子にはオススメです。

1点、大切なことがあります。

勉強嫌いな子に家庭教師をつける際には、子どもと相性ピッタリの先生を選ぶことが超!大切なんです。

③私立受験の子

ぱんだ校長
ぱんだ校長
「志望校対策」がバッチリできるんじゃ

「第一志望の中学も絞れてきたけど、過去問以外にやるべきことってあるのかな?」

と疑問の方は、家庭教師を活用する価値があります。

個別指導塾と同様に、家庭教師なら志望校対策もガッツリできます。

我が家では今年中学受験が終わりました。
家庭教師と塾の併用で志望していた大学付属校に合格できましたが、失敗した点もありましたので、その経験をもとに回答させていただきます。

どの塾に通っているか存じ上げませんが、懸念されている通り塾のカリキュラムではなく、カリキュラムを消化するための勉強方法に問題があるはずです。
ただし、塾でわからなかったところを家庭教師に教えてもらうだけでは成績はあがりませんので注意してください。

私たちが最初につけた家庭教師は個人の先生でした。
とても印象の良い先生で、またわからない問題を非常に丁寧に教えてくれたため、子供も先生のことを気に入っていました。
しかし、1年たっても成績は全くあがりませんでした。
なぜなら我が子には理解させることよりも、定着させるための復習が不足していたからです。
結局、目的にあっていない指導を受けても意味がないので、やめることにしました。

次に頼んだ家庭教師については、これまでの反省を活かし、志望校に合わせてカリキュラムを組んでくれるところにしました。
その家庭教師が真っ先にやってくれたことは志望校の問題研究でした。
そして志望校が基本問題中心の問題構成だと分析してくれただけでなく、塾の課題も基本問題に合わせて課題の絞込みも行ってくれました。
さらに、子供に最も必要だった復習の計画も綿密に立ててくれたため、復習型の勉強習慣を確立することができました。
子供も首都圏統一模試を受けていて偏差値45程度だったのですが、半年ほどで55を超えるようになりました
おかげさまで志望校に合格させていただきました。

目標に向けてやるべきことが明確になると、子供の勉強に対する姿勢も変わってきますよ。
家庭教師を頼むなら、具体的な勉強方法を提案してくれるところにしてくださいね。
ちなみに我が家が頼んでいたのはコーチング1というところでした。
参考までに。

引用:Yahoo!知恵袋

家庭教師なら、塾や通信教育では100%教えてくれない「志望校の裏情報」もコッソリ教えてくれるかもしません。

志望校の「部活」「文化祭」「学校の雰囲気」など…気になりますよね。

④塾で質問できない人見知りな子

ぱんだ校長
ぱんだ校長
「勉強を教えてくれるお兄ちゃん/お姉ちゃん」が手に入るんじゃ

集団授業の塾はもちろん、個別指導塾でも質問ができずに困っている子は、意外と多いのをご存知でしょうか?

せっかく高いお金と時間を使っているのに、「分からない問題」を放置するのはもったいないですよね。

家庭教師なら、まるで近所にお兄ちゃんみたいに気軽に質問できるので、人見知りの子でもサクサク勉強ができちゃいます。

休憩時間に「サッカー」や「ゲームの話」で盛り上がって、アッという間に仲良くなるケースがほとんど。

先生と仲良くなっちゃえば、「分からない問題があっても、その場で質問できる」ようになるから、家庭教師は成績UPに繋がるんです。

⑤中学受験に向けて1秒もムダにしたくない子

ぱんだ校長
ぱんだ校長
「移動時間0」の積み重ねで、受験の合否が変わるんじゃ

家庭教師と塾を比較している方も多いのではないでしょうか?

結論から言うと、
「塾はムダな時間が多い」ことが致命的なデメリットと言えます。

もし、中学受験を控えたお子さんをお持ちなら、「ムダな時間0」である家庭教師を検討する価値はアリ。

家庭教師
  • 移動時間0分
  • 友達とサボる確率0%
  • 先生と1対1なので、授業に集中せざるを得ない
  • 移動時間30〜1時間
  • 友達とサボる可能性あり
  • 誘惑が多く、授業に集中できないかも

もちろん、塾は「友達とワイワイ楽しく学べる」というメリットもありますよね。

とはいえ塾は小学生同士が集まるため、授業に集中できず、非効率な勉強になる確率は高い…かもしれません。

もし、1秒でもムダしたくない中学受験生なら、家庭教師をはじめてみるのはいかがでしょうか?

\ 10秒で分かる!かてきょ診断 /
無料診断はコチラ

偏差値10アップ!家庭教師で中学受験に合格した体験談

ママぱんだ
ママぱんだ
「家庭教師は中学受験でも効果がある」というのは分かったけど、、、みんなの体験談が知りたいわ
ぱんだ校長
ぱんだ校長
家庭教師だけで偏差値10アップ→第一志望の中学に合格した方の体験談を紹介するゾ

家庭教師だけで中学受験に合格した小学生は、たくさんいます。

今回は、特にリアルな体験談を1つ紹介します。

5年生の冬から週1日2時間家庭教師(費用面からプロではなく学生でした。謝礼3万/月程度)をつけて第1志望の中学受験(首都圏模試での偏差値64)に成功いたしました。塾は行ってません。

各家庭やお子様の性格により状況は異なると思いますが、私が感じたメリットは2点あります。
①自宅での学習のため生活のリズムに無理が来にくいこと
②塾への移動時間がかからないので、その分をロスしないこと

一方でデメリットは、
①受験する中学の最新の受験傾向や対策が立てづらい
※これはプロだと違うかもしれません。学生でしたので・・。
②競争意識が芽生えない

受験を終えた今、勉強する上でのポイントは2点あると感じています。
①いかに絶対的な学習時間を増やせるか
※家庭教師は毎日来てはくれません。いない間の学習が大事です。
②基礎的な知識が大事!!
※他の受験生の7割が出来る問題を絶対落とさない

私も息子(当たり前!)も初めての中学受験でした。スタートも遅かったので模試(首都圏模試)もほとんど受けていません。
初めて受けたのは6年生の8月で4科目合計で偏差値45でした。次に受けたのは10月で同50。最後12月で56まで上昇しました。

現時点で首都圏統一模試で偏差値45とのことですね。
素晴らしい。まだまだいけますよ。

とにかく「基礎」が大事です。息子さんの場合、偏差値45ということはこの「基礎」ができてないと考えられます。特に理・社の暗記系教科は薄い参考書(基礎ならなんでもよい)で何度も繰り返し反復してください。
必ず偏差値は上がりますよ。
息子は本当にこれしかやりませんでしたが偏差値は(※理・社平均)38→49→58と上昇しました。暗記系は覚えてくると勉強が楽しくなるので、加速的に偏差値が上昇すると思います。

長くなりましたが、まだ1年弱あります。
「合格するための勉強」ではなく視点をかえて基礎重視の「志望校に落ちないための勉強」です。

あきらめたくなる時もあると思いますが、息子さんを信じて最後の最後までやり抜いてくださいね。

引用:Yahoo!知恵袋

中学受験に強い家庭教師+先生の選び方【3つの極意】

中学受験に強い家庭教師+先生の選び方【3つの極意】

注意点が、1つあります。

「ハズレの先生もいる」という事実です。

ぱんだ校長
ぱんだ校長
家庭教師の9割は大学生バイトじゃから、当たりハズレが激しいんじゃ

そこで、失敗率0%にする!先生選びの極意3つを解説しますね。

失敗しない!先生の選び方
  1. 趣味・好きなものが同じか?
  2. 志望校のことを知っているか?
  3. ママ目線で信頼できるか?

具体的に紹介します。

先生の選び方①:趣味・好きなものが同じか?

ぱんだ校長
ぱんだ校長
お子さんと先生の趣味が同じだと、お子さんのやる気UPに繋がるんじゃ

「勉強が苦手…」
「あんまり勉強したくない…」
「中学受験のために、仕方なく勉強している…」

こんな小学生にとって、話がつまらない先生だと、家庭教師をすぐに辞めたくなるかもしれませんよね。

「教えるのがうまい先生」より「授業を受けるのが楽しい先生」の方が、結果的に成績アップ→合格に繋がるんです。

「子どもが喜ぶ先生」の特徴
  • 好きなYouTuberやアニメが同じ
  • 好きなスポーツが同じ
  • 休憩時間に、小学生目線でおしゃべりしてくれる

まずは、子どもが授業を受けたがる先生を見つけましょう。

先生の選び方②:志望校のことを知っているか?

ぱんだ校長
ぱんだ校長
志望校が決まっているなら、大学生の先生がオススメじゃ

家庭教師には「プロ講師(社会人)」と「大学生(アルバイト)」の2種類が在籍しています。

もし、志望校がザックリ決まっているなら、大学生の家庭教師がオススメです。

なぜなら、地域の中学/高校の事情に詳しいから。

「文化祭」「体育祭」「学校の治安」「校則」「部活」「先生の厳しさ」など、地元の大学生だからこそ知っている情報があるはずです。

ママぱんだ
ママぱんだ
地元の大学生なら、志望校のことをバッチリ教えてくれそうだわ

しかも、プロ講師と比較して授業料も安いので、基本的に大学生の講師を選ぶことを強く推奨します。

先生の選び方③:ママ目線で信頼できるか?

ぱんだ校長
ぱんだ校長
3人以上の先生の授業を受けてみて、最後は「ママの判断」で決めるんじゃ

お子さんのことを1番理解しているのは、ママですよね。

「子どもと意気投合できる先生」「志望校のことをいっぱい教えてくれる先生」であることも大切ですが、最後はママの直感で決めることが大切。

「本当に、子どもを任せられる先生なのか?」をご自身の目で最終決断しましょう。

まずは無料で「最高の先生」を探そう!

まずは無料で「最高の先生」を探そう!

「週一の家庭教師だけで中学受験に合格できる」ということを紹介してきました。

不登校〜難関中学志望の小学生まで、幅広く対応可能な家庭教師ですが、先生の選び方では3つの極意が大切です。

最初のステップとして、かてきょ診断でお子さんにピッタリの家庭教師を見つけましょう。

きっと、第一志望合格まで導いてくれます。

\ 10秒で分かる!かてきょ診断 /
無料診断はコチラ