家庭教師

塾と家庭教師どっちが安い?【値段+評判の違いを比較してみた】

塾と家庭教師どっちが安い
ママぱんだ
ママぱんだ
塾と家庭教師ってどちらが安いのかしら?
ぱんだ校長
ぱんだ校長
料金も大事じゃが、両方のメリットとデメリットを見てから判断するべきじゃ!

お子さまをサポートするママさんの中には、塾に通わせるか、家庭教師に来てもらうか、お悩みの方もいらっしゃるかと思います。

「塾と家庭教師はどっちが安いの?」

と、いう疑問にお答えします。値段+お子さまにあった勉強法で判断すると、学力の伸びは大きく変わってきますよ!

サクッと予習しよう
  • 集団学習塾が安い!
  • 評価はお子さまとの相性次第で変わる

比較①:塾と家庭教師どっちが安いの?

塾と家庭教師どっちが安いの?
結論は「集団学習塾」が安いです。

理由は、内容にもよりますが「先生:生徒の人数」で考えると必然と塾の方が安いと言えます。しかし、講習会やテスト代など別料金になるので詳細を調べた方がいいでしょう。

料金と平均を出しましたので下記をご覧ください。

大手個別塾3社の料金相場

授業1コマあたりの値段(授業時間はそれぞれ異なります)
明光義塾約4000円
個別指導スクールIE約6200円
栄光ゼミナール約8300円
平均約6167円

大手家庭教師3社の指導料金の相場

授業1コマあたりの値段(授業時間はそれぞれ異なります)
プロ家庭教師の名門会約7000円
家庭教師のノーバス約7500円
家庭教師のトライ約8000円
平均約7500円
ぱんだ校長
ぱんだ校長
やっぱり塾の方が安いが、特徴や向いている子を見てから判断するのじゃ!

比較②:塾と家庭教師どっちが授業の質がいいの?

塾と家庭教師どっちが授業の質がいいの?
ママぱんだ
ママぱんだ
家庭教師の方がよく見てくれそうだけど、実際どちらが良いのかしら?

塾と家庭教師はどちらも「先生」と「やる気」によって変わってきます。双方のバランスのよさが結果として「良い質」というものを導いているのでしょう。

集団学習塾の授業の質

内閣府が平成25年に調査した「平成25年度版 子ども・若者白書」によると、小学校6年生の約4割が塾に通い、中学3年生になると数字が上がって、全体の6割前後が塾に通っているそうです。

集団学習塾の授業の特徴は次の通り。

  • 進学塾の多くは学校の授業よりも先に進んでいる
  • カリキュラムが固定で進度がズレない
  • 周りとの競争意識が生まれやすい
  • 講師は大学生のアルバイトが多い

しかし、お子さまの状況によりデメリットも生まれてきます。

集団学習塾で伸びる子
  • 偏差値やテストの結果を見て、自分で勉強方法を工夫できる
  • 積極性があって先生にどんどん質問が出来る
  • 自分の分からない所が明確

クラスのレベルにもよりますが、ある程度の自己解決能力と、授業時間外に先生に質問に行ける積極性を持ったお子さまに向いた形態になります。

個別指導塾の授業の質

個別指導塾の授業の特徴は次の通り。

  • 1人の先生に対し、2~4名の生徒が個別の内容で授業を受ける
  • 曜日や時間帯、授業レベルは個別に設定
  • 部活や習い事との両立がしやすい
  • 講師は大学生のアルバイトが多い

個別指導塾は、複数の生徒の授業を同時進行するため、先生の力量によっては手持ちぶさたになる時間帯があり、わからないところを十分に質問できない場合があります。

個別指導で伸びる子
  • 宿題や予習をした状態で塾にくる子
  • どこがわからないのかが言える子
  • 他の生徒の目を気にせず積極的に質問できる子

普段、家で一人でも進んで勉強できる子が個別指導に合っているようです。

家庭教師の授業の質

ベネッセ教育総合研究所が調査した『「第5回学習基本調査」報告書 [2015]』によると、小学生の家庭教師の利用率は3.1%、中学生は4.1%、高校生になりますと1.5%となっています。

家庭教師の授業の特徴は次の通り。

  • お子さま1人ひとりに最適な学習方法を提案する
  • 授業日や授業内容を柔軟に変更可能
  • 保護者が生徒の様子を十分に把握できる
家庭教師で伸びる子
  • マンツーマン指導がいい子
  • コツコツ勉強ができる子
  • 部活や習い事が多い子

マンツーマンで納得いくまで指導してもらえるところが人気で、時間も変更できるので融通がきくところがポイントです。

比較③:塾と家庭教師どっちが評判いいの?

ママぱんだ
ママぱんだ
それぞれの口コミも気になるわね…
ぱんだ校長
ぱんだ校長
体験談があると、より判断しやすいのぅ

塾と家庭教師の判断をする際、必ず確認しておきたいのが口コミや評判です。

体験授業を行っているところも多くあるので、口コミ・評判や体験談を参考にするだけでなく、実際に体験してみるのも実際の勉強イメージや学習環境を確認する上でもおすすめです。

集団学習塾の評判

周りとの競争意識が生まれやすいことがメリットですが、周りについていけないと勉強嫌いになる可能性があります。

ママぱんだ
ママぱんだ
塾はついていくのが大変なのね…

個別指導塾の評判

先生が毎日の学習プランを計画的に立ててくれるので、勉強する習慣がだんだん付いていくのが見て取れました。個別指導塾のほうが、周囲の生徒を気にせず自分のペースで勉強できるので気に入っているようです。テストで良い点数が取れるとやはり嬉しいようで、以前よりも勉強が好きになってくれたみたいで良かったです。

引用:個別指導塾比較ランキング

周囲の生徒を気にせず、ペースを守りながら勉強ができるところが個別指導塾のメリットです。しかし、先生に積極的に質問しないと、ただ塾に自習しに行っているみたいになってしまうので注意が必要です。

ママぱんだ
ママぱんだ
積極的な子なら個別指導もいいかもね…

家庭教師の評判

我が家は家庭教師と塾、どちらも検討しました。日能研・早稲田アカデミー・サピックス(SAPIX)・四谷大塚・栄光ゼミナール(東大進学会)などの進学塾も考えましたが、
学校・習い事などの生活と子供の性格を考えたり、もし塾で成績が良くなかったらどうしよう…という周囲の目も気になり、結局家庭教師を選びました。

引用:Yahoo!知恵袋

お子さんのペースに合わせてカリキュラムを組んでくれるのが家庭教師のいいところです。進学塾に通わせるとお子さまのプレッシャーがあるので、家族でよく話し合われたんですね。

ママぱんだ
ママぱんだ
とことん教えてくれたら、できたときの達成感もあるわ!

比較④:個別指導塾と家庭教師どっちが受験に強いの?

ママぱんだ
ママぱんだ
受験を考えるなら進学塾かしら?

進学塾やプロ家庭教師に教わると、指導の質が上がるので良いと言えます。しかし、ハイスピードな勉強法がお子さまに合っているかどうかが決め手になり、合っていないのに高額な料金を払い続けるのは家計にも負担を及ぼします。

志望校やお子さまの性格をよく見て判断する必要がありそうです。

個別指導塾と家庭教師のメリット・デメリット

個別指導塾と家庭教師のメリット・デメリット
集団学習塾家庭教師
メリット・塾独自の中学受験や高校受験合格へのノウハウがある
・テキスト・カリキュラムがしっかりしている
・一般的に授業料が安い
・周囲の生徒と切磋琢磨することにより、生徒の「やる気」が上がる。
・生徒のつまずいた所から指導できる
・先生の変更ができる
・通学時間がかからない、時間の融通が効く
・先生とのコミュニケーションにより、生徒の「やる気」が上がる
・親の目が届きやすい
デメリット・時間の融通がきかない
・教師を選べない
・親の目が届きにくい
・生徒の個々の学習レベルに合わせて指導出来ない
・授業料が高い
・指導の質のすべてが先生に左右される

大切なのは、自習力

塾は一番かかる小6で、大体月謝は3~5万弱。
そのほかに教材費、季節講習代、テスト代などがかかります。
年間にすると80~100万弱といったところでしょうか。
家庭教師の業者は本当にピンからキリまであり、教師が合わず変更する場合にも変更料が取られたり教材を購入しなければならない場合もありますが、季節講習はないのでその分の出費はありません。

引用:Yahoo!知恵袋

1日30分の自習でも、1年で10950分=180時間以上の学習時間です。
この小さな積み重ねが、学習の成果に大きな違いをもたらしています。自らコツコツ勉強ができる力を育てていくことが、学習環境の持続に繋がるきっかけになります。

【結論】塾と家庭教師どっちがいいの?

金額的な比較も大事ですが、何より大切なのはお子さまの性格ではないでしょうか。

ぜひ、お子さまと一緒に勉強との向き合い方を考えるきっかけにしてくださいね。