オンライン家庭教師

【解説】オンライン家庭教師とは?【メリット+デメリット=8個】

オンライン家庭教師とはメリットデメリット
ママぱんだ
ママぱんだ
オンライン家庭教師って、ホントに娘の手助けになるのかしら?
ぱんだ校長
ぱんだ校長
メリットは5個ある一方で、デメリットも3個あるんじゃ

「オンライン家庭教師を始めたいけど…。ちょっと不安です」

せっかくお金を払って入会したのに、子どもに悪影響だったらイヤですよね。

この記事では、オンライン家庭教師が未経験の方向けに、基礎知識+失敗しない選び方をご紹介します。

「?」←これを解決しますね。

サクッと予習しよう
  • どこにいても希望の講師から1:1で教われる
  • ママの負担はまったくなし!なのにコスパ最強!?
  • デメリットは始める前にすべて解決できる!

オンライン家庭教師とは?【30秒解説】

最近人気急上昇で注目されている「オンライン家庭教師」をご存知ですか?

インターネットにつながってるパソコンやタブレットを使ってビデオ通話で授業を受けられるサービスです。

講師が直接来なくてもどこでも1:1で授業を受けることができるんですよ!

そんな「オンライン家庭教師」を徹底調査したのでメリットとデメリットを紹介していきます。

これからオンライン家庭教師を始めたい人は良く読んで参考にしてくださいね!

使う機材:
【裏技】オンライン家庭教師で、必要なもの7選【無料にできる!】

オンライン家庭教師のメリット5選

  1. 希望の講師を選べる
  2. 安い費用で受講できる
  3. 親の負担が少なくて済む
  4. 全国どこでも受講できる
  5. 時間を選ばずに受講できる

ママぱんだ
ママぱんだ
塾より安いのかしら?
ぱんだ校長
ぱんだ校長
塾や家庭教師よりやすいんじゃよ

オンライン家庭教師のメリット①:希望の講師を選べる

せっかく学ぶなら、子どもに合う希望の講師から学びたいですよね。

オンライン家庭教師は住んでいる場所に関係なく、講師を選べるんです。

「田舎に住んでいるから家庭教師に来てもらえない…」とか

「遠すぎて塾に通えない…」

なんていう心配も必要なしです!

「東大に通ってる人から教わりたい」とか

「志望大学に在学してる人がいい」

といった子どもの希望に答えられるのもオンライン家庭教師のよいところ。

ママぱんだ
ママぱんだ
憧れの先生から教われたら授業も楽しく受けられますよね

オンライン家庭教師のメリット②:安い費用で受講できる

子どものためとはいえ、できる限りコスパの良い勉強方法を見つけたいのが本音ですよね。

オンライン家庭教師は訪問型の家庭教師や個別指導塾よりも安く済むことが多いんですよ!

訪問型の家庭教師は交通費が発生します。

個別指導塾は教室を借りてる分授業料が高くなったり教室の維持管理費を払わないといけなかったりします。

それに比べオンライン家庭教師は交通費0円、管理費0円なので純粋に授業料だけを払えばいいんです。

ママぱんだ
ママぱんだ
交通費も管理費も毎月払うことを考えたら大きな金額になりますね

オンライン家庭教師のメリット③:親の負担が少なくて済む

訪問型の家庭教師だと講師が家に来ることになりますよね。

「掃除しておかなきゃ」

「お茶の準備しないと!」

「先生が来る前に家にいなくちゃ」など

ママさんにとって大きな負担になってしまうんですよね。

その点オンライン家庭教師だったら気を使わなくても大丈夫!

掃除もお茶の準備も必要もありません。

ママぱんだ
ママぱんだ
夕方は買い物や夕飯の準備で大忙しなんですよ
ぱんだ校長
ぱんだ校長
オンラインならママさんがその場にいなくても大丈夫なのじゃ

オンライン家庭教師のメリット④:全国どこでも受講できる

地方に住んでいたり自宅が駅から遠かったりすると塾に通うことも大変だし家庭教師に来てもらうことも大変なんですよね。

オンライン家庭教師であればパソコンやスマホがあればどこにいても授業を受けることができます。

帰省してたり旅行中であってもどこでも受講できるんですよ。

最近では海外在住の子どもも利用するケースが増えています。

ママぱんだ
ママぱんだ
塾だと送り迎えもあって大変なんですよね

オンライン家庭教師のメリット⑤:時間を選ばずに受講できる

習い事で忙しかったり体調がすぐれないとき、塾や家庭教師だと日程の変更をすることができないことが多いんですよね。

オンライン家庭教師なら日程の変更も柔軟に対応してもらえるので好きな時間帯を選んで授業を受けることができるんですよ!

ママぱんだ
ママぱんだ
学校の行事が急遽はいることもあるので時間帯を選べるのは助かります
ぱんだ校長
ぱんだ校長
臨機応変に対応できるのじゃな

オンライン家庭教師のデメリット3選

  1. 友達を作れない
  2. インターネットの環境が必要
  3. 講師が生徒の様子を把握しにくい

でも安心してください。
デメリットはすべて始める前に解決できます!

オンライン家庭教師のデメリット①:友達を作れない

塾に通えば友達ができるので励みになったり、悩みを相談できたりしますよね。

オンライン家庭教師は1人で授業を受けるので友達と一緒に授業を受けることはできません。

しかし講師が大学生だったりすると、先輩のような存在になることもあって友達に相談するより悩みの解決が早かったりするんです。

ママぱんだ
ママぱんだ
大学生講師だったら年齢も近いし相談しやすそう!
ぱんだ校長
ぱんだ校長
講師を選ぶときに相談しやすい人を選ぶことがポイントじゃ

オンライン家庭教師のデメリット②:インターネットの環境が必要

オンライン家庭教師で最低限必要なパソコン(タブレット)とインターネット環境ですがインターネットが苦手な人には一番不安に感じる部分なんですよね。

不安とは裏腹に設定サポートをしてくれるオンライン家庭教師がほとんどなので不安に思う必要は実はないんですよ!

実際にサポートしてもらいながら設定したら

「思ったより簡単だった」

「子どもが全部自分で設定した」

なんて声も多く聞かれます。

インターネットは子どもに任せた方がスムーズに設定できるかもしれません。

ママぱんだ
ママぱんだ
パソコンで分からないことがあったとき子どもに教えてもらったことがあります
ぱんだ校長
ぱんだ校長
子どもの方が慣れてることも多いんじゃよ

オンライン家庭教師で使う機材は【裏技】オンライン家庭教師で、必要なもの7選【無料にできる!】で紹介しています。

オンライン家庭教師のデメリット③:講師が生徒の様子を把握しにくい

画面越しでもコミュニケーションは取れますが表情や温度感は対面より伝わりにくかったりしますよね。

そのため生徒の分からないときの表情を見落としてしまうことも考えられます。

でも安心して大丈夫ですよ!

複数のカメラを使って表情と手元のノートを写しながら授業を進めるタイプのオンライン家庭教師があるんです。

複数カメラを使用するオンライン家庭教師
  • AIDnet
  • conet
ママぱんだ
ママぱんだ
うまく口で説明できなくてもノートを見せて分からないところを伝えればいいんですね!
ぱんだ校長
ぱんだ校長
低学年の子や説明が得意ではない子は複数カメラを使えば解決できるのじゃ

オンライン家庭教師が向いているのは、こんな人


小学生・中学生・高校生によってどんな子供が向いているかを解説します。

向いている小学生

  • 勉強が嫌いな子
  • 内気でおとなしい子
  • 勉強の仕方が分からない子

勉強が嫌いな子は実は楽しいと思わせてくれる先生に会っていないだけなので子どもに合った講師を探すことが大切なんです。

内気でおとなしい子は「間違えなら恥ずかしい…」という思いからみんなの前で質問できないことが多いので1:1のオンライン家庭教師だったら安心して質問できますね。

学校では勉強を教えてくれても勉強の仕方は教えてくれないので実際に勉強をしてきた大学生講師に勉強の仕方を教わることで学力が伸びたりします。

ママぱんだ
ママぱんだ
勉強のしかたが分からないと何をしていいか分からないんですよね

向いている中学生

  • 基礎を身に着けたい子
  • 勉強を頑張りたいと思ってる子
  • 部活などが忙しくて塾に通えない子

中学生になると、苦手科目が明確になってきます。

一度つまずいてしまった教科は嫌いになってしまうことが多いのですが、オンライン家庭教師であればつまずいたところまでさかのぼって勉強することができるんです。

また部活があると時間帯や曜日が決まっている塾に通うのは難しかったりしますがオンライン家庭教師であれば、部活のない日を選んで授業を受けることができるので忙しい子供にもぴったりなんです。

ママぱんだ
ママぱんだ
中学生はとにかく部活が忙しいですよね
ぱんだ校長
ぱんだ校長
イベントや大会があるときは毎日部活ざんまいじゃな

向いている高学生

  • 一人で勉強するのが好きな子
  • 志望大学の講師に教わりたい子
  • なるべく安く個別指導を受けたい子

一人で勉強をするのが好きな子には予備校や集団塾より家庭教師が向いています。

訪問型家庭教師だと高額になりますがオンライン家庭教師であれば価格を抑えて勉強できるんです。

志望校が決まっている子は、志望校に通っている大学生講師から授業を受けることで合格後のイメージもわいて受験勉強をさらに頑張ることもできますね。

ぱんだ校長
ぱんだ校長
受験したい学校の様子を聞けると勉強をもっと頑張ろうと思えるのじゃ

オンライン家庭教師の選び方+大手10社

10社のオンライン家庭教師を料金やメリット・デメリットで比較してみます。
入会を決めるときは、3社くらい無料体験をやってっみて子どもに合う講師を探してみることが大切なんです。

←←← スクロールできます →→→
初期費用月額合計講師教材メリットデメリットおすすめ度
まなぶてらす0円 3,000円~150名以上自費5教科以外の授業豊富手元カメラがない
Wam0円 4,900円~非公開自費教育アドバイザーに進路相談可ipadなければ購入必須
e-Live26,000円 4,000円~非公開 自費指導してもらった分だけ支払い 機材レンタル有料
家庭ネット20,000円 6,000円~ 非公開 自費激安1コマ1,000円 1コマが25分
Netty0円 8,000円~7万人 自費講師選び放題コスパNo.1webカメラ1台
PEACE NET20,000円 9,800円~3,000人  自費宿題スケジュール表を作ってくれる高学歴講師はいない
松陰塾30,000円12,000円~非公開オリジナル教材12万問題を学び放題 入会金が高い
AIDnet20,000円7,740円~非公開 自費webカメラ2つ使用 カメラが有料
東大家庭教師友の会18,000円14,000円~15万人 自費

合格実績良

授業料高め

conet20,000円11,300円~1,000人以上自費webカメラ2つ使用 カメラ保証料5,000円かかる
Axisオンライン0円~17,404円~30人オリジナル教材科目ごとに講師を選べる 講師少ない

※2020年6月時点

※小学4年生の料金比較

ママぱんだ
ママぱんだ
うーん…結局、どれがいいんだろう?

迷ったら、この3社へ

どこの会社を選ぶか悩んだらオンライン家庭教師人気の3社で無料体験をしてみるといいですね。

オンライン家庭教師人気ベスト3

オンライン家庭教師ランキング3選+α【挫折させない始め方】で3社の詳しい解説をしているのでご覧下さい。

会社選びも大切ですが、子どもと相性の合う講師を探すことが1番大切ですよね。

「この先生から教わりたい!」
と思わずワクワクしちゃう先生を見つけることから始めましょう。